アラフィフ母さん南アフリカ留学日記

アラフィフ母さんの、7か月間南アフリカ留学生活日記です

南アフリカ留学生活始まりました。

南アフリカ留学生活が始まりました。

今日は9月4日水曜日です。南アフリカ3日目です。

やっぱり南アフリカまでは遠いですね。

日本から南アフリカまでは直行便がないので、ドイツ、フランクフルトを経由してきました。

羽田空港からフランクフルトまで12時間、フランクフルトからケープタウンまで12時間。空港での乗り継ぎ時間5時間半をいれると現地到着まで29時間半掛かりました。もっと近い経由地を選べば良かったのですが、羽田空港出発便で現地に午前中に到着時することが条件で乗り継ぎ時間がタイト過ぎないこと、金額が高すぎないことで選んだ結果です。とにかく、無事に着いてほっとしています。

 

南アフリカケープタウンは春が来たばかりです。

空気は少しひんやりとしています。

日中は日差しが強く暖かく半袖でも過ごせますが、朝晩は冷え込みます。セーターを1枚、ユニクロのダウンベストを1枚持って来ましたが活躍しています。

 

到着してすぐに、現地のSIMカードを購入しました。売っているスタッフの説明が不十分で思ったより簡単にいかず、語学学校のスタッフに手伝ってもらいました。

スーパーマーケットも歩いて3分くらいの場所にあり、買い物もしてきました。スパーマーケットの話などはまた今度お話ししますね。

そう、到着当日が毎週月曜日夜に開かれる、寮の生徒のバーベキューの日でした。

学校スタッフから、参加を勧められ参加しました。

まず驚いたことは時間通りに始まらないこと。1時間半くらいして人がそれなりに集まってきました。アフリカンタイムみたいです。あと、凄くラフです。日本のバーベキューを想像してはいけません。極端に言うと肉オンリーです。野菜なんて無いです。まあ、自分で持ち込みなので食べたければ自分で持参すればいいんですが。お酒を軽く飲みながら、話す事がメインなんですね。だんだん盛り上がってくるとブラジル人が踊り始めました。やっぱり、外国人のノリは違うなぁと思いました。そう、ブラジル人がとても多いのですが、ドイツ人、アンゴラ人、サウジアラビア人、モザンビーク人、イタリア人そして私日本人です。ちなみに今はアジア人は1人もいません。日本人が最近まで6か月滞在していましたが…そんなこんなで、到着日は終わりました。

 

2日目。朝にクラス判別のためのテストをしました。

午前中は荷物の整理をして、パソコン環境を整えました。そして、海に散歩に行きました。学校から海が見えるのですが、学校のスタッフから日中以外の海への散歩はダメだと言われました。そして、バッグやカメラ、お財布は持って行かないで、と言われました。やはり盗難、ひったくりに合う確率が高いのでしょう。何となくそんな雰囲気は感じました。言われたとおり何も持たずに海まで行きました。行ってみたら、海沿いをランニングしている人たちがいて安心しました。この海のはるか遠い向こうは南極大陸だと思うと、しみじみと凄い所にいるなぁとロマンに浸ってしまいました。午後は学校の生徒に誘ってもらい、学校から車で15分くらいのところにあるライオンズヘッドという山に登ってきました。私は山の9合目くらいのところまで登りました。1時間ちょっと掛かったのですが、途中、たくさんの可愛らしい花を見る事が出来ました。山は緩やかな歩きやすい道でしたが、どんどんハードな登山になり、鎖をつたったり、はしごをのぼったり、足場が非常に悪くこれで滑落事故が起きないのだろうかと不安なポイントが幾つかありました。結局数名が頂上まで行き、多くは、9合目またはそれよりも下で下山しました。夕日もとても美しく途中立ち止まりまた同じ景色を写真を撮りました。本当に素晴らしい景色でした。帰りも行きと同様に

https://www.instagram.com/p/B1-0lrMg07C/

学校と寮の様子です。中南米の古い建物って感じです。

https://www.instagram.com/p/B1-2UzGg5R_/

ライオンズヘッドに寮の生徒と一緒に登ったよ。絶景でした!

Uberを呼び3台に分かれて乗車し帰りました。Uberは日本では発達していませんが、(あるのかな…)海外の人は使い慣れています。学校のスタッフからもUberを使うように言われています。やはり、安心なのですね。お互い登録されていれば、トラブルは避けられるし、何より乗車前に目的地を入力するので、おおよその料金がわかり、すぐにきてくれる車を選択できます。残念ながら私はアプリも入れてないし、使えないのですが、早くアプリを入れて一度使ってみたいです。もちろん、他の生徒と一緒に。

 

とりあえず今日はこの辺で。