アラフィフ母さん南アフリカ留学日記

アラフィフ母さんの、7か月間南アフリカ留学生活日記です

南アフリカ生活4日目。

今日で南アフリカ生活4日目。

少し生活に慣れてきました。

寮では朝食だけ毎朝用意してくれます。昼と夜は自分で用意します。

朝7時15分から朝食なので私は1番に食堂に行きます。混み合うのを避けるためです。朝食は超シンプル。2種類の食パン、チーズ、ハム、牛タン?豚タン?3種類のシリアル、ヨーグルト、牛乳、4種類のジュース、フルーツ、24時間利用できるホットドリンクコーナーです。私はチーズとハムを挟んでトーストします。あとは、シリアルにヨーグルトをかけて食べます。フルーツはいつもオレンジとリンゴ、びわみたいなのがあります。何だろう?今度食べてみます。はじめは「えっ!これだけなんだ…」と思いました。でも、案外慣れるんですね。十分です。このぐらいシンプルだと時間も手間もかからなくていいですよね。ただ、すごく気になっているのは牛タン?豚タン?の存在…トースターの横にグリルみたいなのがあるのですが、これで焼くのだろうか?パンに挟むのだろうか?謎です。今度遅めに食堂に行った時には他の人の様子観察してみます。

昼は今のところ食べていないです。理由は夕食を早めに取っているからです。

寮のキッチンも手狭なため多くの生徒が利用する時間帯だと混み合うため、4時頃キッチンで料理開始です。とは言え、日本でのように料理することは無理だし、冷蔵庫にもたくさんは入れられないので簡単にできる料理です。サラダはミックスサラダを買ってきて、野菜も今はミックスカット野菜、冷凍野菜など利用してます。今のところサラダと野菜たっぷりパスタの2品が夕食です。野菜が取れて温かいものが食べれればオッケー!みたいな食事です。作り終わったら速攻で洗い物をして片付け、自分の部屋へ食事を運びます。自分の部屋は別棟になるので日本から持ってきたお盆が大活躍です。離れの自分の部屋へお盆に載せて運んで1人ゆっくり食事をとります。キッチンに食べるスペースがあるのですが、アフリカだから仕方無いのかな、ハエが気になるので自分の部屋が落ち着きます。そう、料理もぐずぐずしているとハエがくるので手早くするのがポイントです。日本から持参したので軽く割れないようプラスチック製のお盆と食器ですが、和風なお盆と食器で食べるとなぜか美味しく感じられホット心が和みます。

まだ4日しか経っていませんが、こちらに来てからは、食事は食べれるだけ取ったり、作ったり、一つも残しません。水や飲み物もです。特に水は大切です。節約しなくてはいけないという事がわかります。アンゴラ人の生徒の食器の洗い方を見て感じました。

とても水を大切にしています。

あらあら、毎日へぇ~と思う事が多くて長々とかいてしまいました。

 

あと、今日は年明けに行く2校目の学校への移動のための航空チケットを手配してきました。もちろん、日本語のわかるスタッフなんていないので今日も携帯の翻訳アプリに助けてもらいました。日本の留学エージェントへメールしとりあえずやらなければいけない事は終わりました。無事終わってホットしています。

 

では、今日はこの辺で。おやすみなさい。

https://www.instagram.com/p/B2CsAQyALo0/

朝食はシンプル!毎日同じ。チーズとハムを挟んでトースト。あとシリアルとフルーツ。美味しいです。