アラフィフ母さん南アフリカ留学日記

アラフィフ母さんの、7か月間南アフリカ留学生活日記です

クルーガー国立公園サファリツアー・第1

 10月15日から6日間のクルーガー国立公園サファリツアーに行って来ました。

多分、南アフリカ滞在中での1番のイベントだと思います。

サファリツアーは1年中楽しめるのですが、クルーガー国立公園のあたりは11月頃から雨季に入るらしく、乾季の方が天候が良い日が多く、草木も低く見晴らしが良いそうなので、急いでツアーを申し込みました。

15日は朝6時のケープタウン発の飛行機に乗るため、朝3時に学校の寮にUberを呼んで空港へ向かいました。ヨハネスブルク空港で宿泊先のドライバーと合流、30分くらいの場所にある宿泊先へ移動、1泊し、翌日の16日、朝8時宿泊先からクルーガー国立公園へのキャンピングカーでの旅が始まりました。ツアーのドライバーのヘニーさん、ガイド兼シェフのマリンガさん、ドイツ人家族3人、スイス人女性2人組、中国人夫婦2人、私の10人の旅となりました。ヨハネスブルクからクルーガー国立公園までは7時間かけての移動で途中2回のトイレ休憩とお昼休憩が1回ありました。私はキャンピングカーから街の様子を見るのに夢中で子供のように張り付いて眺めていました。どの景色もとても新鮮で人々の生活の様子を感じる事ができました。到着してすぐに、私とスイス人の女性2人は夕暮れのサファリに参加しました。夕暮れの池にはカバが鳴く声が響きわたります。何を会話しているのでしょうか…クルーガー国立公園の夕暮れツアーガイドの人はカバが大きく口を開ける事を”スマイル”と言っています。笑っている…と思うと私たちも楽しくなりますよね。何と素敵な表現なんだろうと思いました。ここでツアーガイドの人が用意してくれて飲んだ南アフリカのお酒のアマルーラという甘いリキュールとナッツを頂きました。素敵な演出です。アマルーラとナッツを食べたらきっとこの景色を思い出すでしょう。そして、このサファリで夜の象に遭遇。真っ暗闇の中、ガイドの人が懐中電灯で照らすと目の前に象が!木の枝をバキバキ食べていました。象もびっくりしただろな…急にライトで照らされて。象の邪魔をしないようにほんの少しの間だけ象の食事の姿を見てクルーガー国立公園内のキャンプ場に戻りました。キャンプ場では、マリンガが夕食を作って待っていました。焚火の明かりの横で、アウトドアのディナーです。そして食事が終わりみなコテージへもどりました。私と、ヘニーと、マリンガ3人は1人つ”つのテントです。節約のため値段の安いテントを選んだのですが、まさかツアー客でテントを選んだのが私だけだとは思いませんでした。この日は、物音がすると心配になった事と夜の寒さで全く眠れず翌朝を迎えました。


Kruger National Park

 

https://www.instagram.com/p/B3oo_1SAPqh/

ヨハネスブルク国際空港へ到着。1時間後にツアー会社と合流予定。空港散歩してきます(^^)

https://www.instagram.com/p/B3o00VxA4Kr/

空港から30分、今日の宿に着きました。明日に備えてゆっくり過ごします。(^^)

https://www.instagram.com/p/B3qr9UDpDVU/

このバスでサファリツアーへ行きます。今は出発待ち。アフリカンタイムで時間は適当です。

https://www.instagram.com/p/B32MKrgp80O/

夕暮れのクルーガーサファリ。この池にたくさんのカバがいて鳴いていました。どんな会話をしているのかな。