アラフィフ母さん南アフリカ留学日記

アラフィフ母さんの、7か月間南アフリカ留学生活日記です

2019年最後の日に…

こんにちわ。

2か月ぶりにブログを書きます。毎週金曜日がgrammerテストだったこともあり、勉強が忙しくてなかなか書けませんでした。(とは言え、週末にはバスに乗ってあちらこちら出かけていましたが…)

MY CTY BUS という公共のバスカードを購入してからとても安い料金で出かける事が可能になりました。バスルートで行ける場所では危険な場所以外は行ってみました。ケープタウンは大西洋とインド洋がぶつかり合う場所に位置していてバスのルートでは海を眺めながらのドライブです。また、テーブルマウンテンはどこにいても見る事が出来ます。バスの旅は海と山を堪能でき、絶景の連続です。

 

先週、先々週は、ケープタウン駅から電車に乗ってケープ半島のサイモンズタウンに行ってきました。以前から、電車には乗ってみたいとずっと思っていました。しかし、周りの人から電車は危険なので止めた方がいいと言われていて今まで1度も乗りませんでした。しかし、諦めがつかず何度か駅に行き偵察したり、調べてとうとう乗ってみました。日中の明るい時間で、観光客が多くいる車両を選び乗りました。

駅の人や、乗り合わせた人もみな親切で、とりあえず危険な事に遭遇する事もなく、安全に帰って来る事ができました。

電車はミューゼンバーグからは山と海の間を縫うように走り、車窓からの眺めるインド洋の海の青色のグラデーションは美しくため息が出るほどです。あまりにも素晴らしい景色なので2週連続で行ってしまいました。電車チケットは往復でR20でした。日本円で200円未満です。距離としては、2時間くらい。新宿から江の島くらいの距離でしょうか…。但し、電車は常に時刻どうり来ず、時刻表はありません。1時間に1本くらい電車がある感じです。

電車の中には、物売りや、ギターの弾き語りが登場したりと面白かったです。

物売りからは誰も購入しなかったし、弾き語りにもお金を入れていた人はあまりいませんでしたが…

あ、そうそう、帰りの電車は1車両だけドアが閉まらずドア全開で1時間ほど走ってました。日本では考えられない光景です。でも、お陰で前回のドアの前に立ち最高の景色と心地良い風を独り占めする贅沢を味わえました。最高の体験でした。

 

明後日は、隣国、ナミビアウィントフックへ長距離バスで5日間の小旅行をしてきます。inter cape という有名なバス会社のバスで行きます。バス代は往復で17000円くらいです。飛行機に比べたらとても安いです。片道22時間、陸路での国境越えです。陸路での入国初体験なので、今から楽しみです。次回はナミビアの旅についてお話しますね。

 

今、カフェテリアでブログを書いているのですが、今日は12月31日ということもあり、周りが少し騒がしくなってきたので今日はこの辺で…

 

ではでは、2019年、本当にありがとうございました。

私は勿論、我が家には色々な事があり、素晴らしい1年だったと思います。

2020年もきっと素敵な1年になると願っています。

皆さん、どうぞ良い年をお迎えください。