アラフィフ母さん南アフリカ留学日記

アラフィフ母さんの、7か月間南アフリカ留学生活日記です

ナイズナ・1泊2日の旅

こんにちわ。

今日は南アフリカ滞在での最後の旅行となったナイズナへの1泊2日の小旅行(3月14日~15日)について書きます。

ナイズナはケープタウンからポートエリザベスまでの600Kmに及ぶインド洋に面した美しい海岸沿いの道路【ガーデンルート】にある街の一つです。ポートエリザベスからは高速バスで4時間程度と近く小旅行にぴったり。バスでなく車で行くなら2時間程度で行けるそうです。そしてナイズナはガーデンルートの中でも見どころが多い街だと聞き行ってみる事にしました。ナイズナ近くにあるチチカンマ国立公園とストームスリバーの景色も素晴らしいと聞いていたので行ってみたかったのですが交通手段が無いため今回は諦めてナイズナの街をゆっくり散歩して景色を堪能する事にしました。

f:id:hirokonomado:20201115160051j:plain

https://www.instagram.com/p/CD-kuFGJJDZ/

Knysna: Port Elizabethから1泊2日の小旅行。海が深く入り込み湖のように広がったラグーン。突き出した崖、ザ.ヘッズからの景色は素晴らしかったです。

ポートエリザベス 6:00 AM 発ナイズナ着 11:05AM 着のインターケープバスを利用。ホストファミリーの家からポートエリザベスの駅までは早朝という事もありミニバスは走っていないし時間帯も危険なのでUberを使う事にしました。が、ここはケープタウンを違って早朝はあまりUberが走っていないんですね。Uberの運転手が15分待っても見つからず高速バスの出発時間に間に合わなくなりそうだったので早朝の真っ暗な中、Uberを呼ぶために家から5分ほどの場所にあるホテルまで走りました。きっとホテルならUberも直ぐに来てくれるのではないかと…。人気の無い時間なので途中、誰かに襲われたら最後だ…と怖かったのを覚えています。ホテルの入り口前にはガードマンが立っていて事情を話してホテル前でUberを呼びました。無事Uberを呼ぶ事が出来、バスの出発にギリギリ間に合いました。

予定通りにバスは出発。バスの窓から見る景色はいつも私をワクワクさせてくれます。ナイズナ到着の少し手前、車窓からちょっとだけ見えるチチカンマ国立公園の景色は素晴らしかったです。ガイドブックの写真で見るダイナミックな渓谷や橋を見てみたかったです。暫くしてナイズナに到着。着いた瞬間の感想は想像よりも小さな街だな、と思いました。まず最初に帰りのバス乗り場を確認してからホテルへ直行。その後この街ではUberが走っていないのでタクシーを呼んでもらい車で20分の距離にある絶景スポット、ザ・ヘッズに行きました。帰りのタクシーを拾うのが困難な場所だったのでタクシーの運転手には往復お願いして周辺の案内もしてもらいました。崖の上から見る景色は素晴らしく空と海の青のグラデーションの美しさ、海岸線の崖や山の緑、絵葉書の中にいるような絶景スポットでした。30分ほど見学後、ウォーターフロントに戻りお土産屋さんを見学し、遅めの昼食にしました。海老の香味ソテーと白身魚のソテーピラフ添え、サラダ、ワインで850円くらいだったと思います。海老は数えたら15尾くらいでした。とっても美味しく、リーズナブルな価格でした。

 

f:id:hirokonomado:20201115160627j:plain

https://www.instagram.com/p/CD-2UEzpCS3/

Knysna: 海老のソテー、生牡蠣美味しかったです。ナイズナの素敵なホテル、ティーセン島のカフェもお洒落な店でした。

食後は小さな島、ティーセン島に歩いて行ってみました。

とても小さな島で洒落たカフェや小さなホテルやコンドミニアムがありました。人通りは少なく静かな島でウォーターフロントから歩いても1時間半もあれば十分に見て回れる場所でした。

帰りにスーパーマーケットを覗いてからホテルへ帰宅しゆっくりと過ごしました。

翌日、ナイズナ名物の生牡蠣を食べてから午後14:10 PM 発のバスでポートエリザベスへ向かいました。18:55 PM にポートエリザベス、グリーンエーカーに到着。駅ではなく駅から少し離れた場所にあるグリーンエーカーに着いたのは、日曜日の夜の駅周辺は危険だからだそうです。なのでグリーンエーカーからホストファミリーの家まではUber

で帰る事にしました。

無事に帰宅し、少しゆっくりしてから夜遅かった事もありホストマザーに帰宅した旨WatsAppで連絡をしました。暫くしてホストマザーから無事に帰った事を喜ぶ返信がありました。と同時に重大なメッセージを受け取りました。コロナウイルスによる国家災害宣言をこの日の夜(3月15日)に南アフリカ大統領が発表し、その内容を受け取りました。その中には18日水曜日からイースターの週末まで学校が閉鎖される事もありました。そしてこの発表から数日後にロックダウンが宣言されました。こうしてコロナによって帰国を早める結果になりました。帰国に際してのドタバタについては帰国後に書いた5月17日のブログを読んで頂ければと思います。

 

南アフリカでは学校でそれなりに勉強も一生懸命頑張りましたが、旅行や街歩きも積極的にしました。本当に素晴らしい7か月を過ごす事が出来ました。

 

これで南アフリカでの留学日記は終わってしまいましたが、珍しい南アフリカの植物や南アフリカらしい素敵な街中に点在するアートオブジェの写真などお伝えしたいと思っています。お楽しみに!

 


south africa knysna